menu

会社合併・分割等の組織再編と競争入札参加資格

kensetsu-bld

会社合併・分割等の組織再編と競争入札参加資格

会社合併や会社分割等の組織再編をする企業が、入札参加資格を保有していた場合、それらの手続について、事前に確認しておく必要があります。 「変更」や「承継」など、入札団体先により手続が異なりますので、許可や経審の手続きと合わせて入念に確認する必要があります。

事前に確認すべき事項

組織再編に伴う競争入札参加資格の手続きについて、事前に確認しておいた方が良いこととして、次のようなものがあります。

競争入札参加資格について事前に確認すべき事項

組織再編の事例)

  • 存続会社A社の保有している競争入札参加資格
    甲県(工事と物品)
  • 消滅会社B社の保有している競争入札参加資格
    甲県(工事と物品)
    乙市(工事と物品)
  • 組織再編の方法
    A社がB社を吸収合併(A社が存続会社)
    → A社・B社ともに建設業許可も経営事項審査もある

このような場合、消滅会社(B社)の乙市の資格は、存続会社(A社)では保有していません。
組織再編後も乙市にて引続き資格を保有したい場合は、乙市へ、入札参加資格の承継が可能か等を確認することが必要です。

~乙市に確認すべき事項~

  • B社からA社へ、競争入札参加資格の承継は可能かどうか → 可能な場合はどのような手続と書類が必要となるか?
  • 建設工事の入札参加資格については、合併時経審を受ける必要があるかどうか
    ※ そもそも合併時経審を受けなくても承継が可能かどうか

しかしながら、「そもそも承継が不可」、という場合には、A社において、あらかじめ組織再編前に、乙市への新規資格をすることを想定しなければなりません。

~甲県に確認するポイント~

存続会社のA社は、B社と同じく甲県への入札参加資格があります。
念のため、組織再編をしたことにより伴う手続の有無を確認します。

特に工事入札の場合は、特殊経審が必要かどうかを確認する必要があります。

B社からA社への入札参加資格の承継は「可」としているが、特に工事入札の場合は、合併時経審や分割時経審等の特殊経審を受けなければ、承継は不可とする団体が多い傾向があります。

いずれにしても、入札団体や業種(工事や物品など)により、対応方法が大きく異なりますので、事前の調査・確認をすることはとても大事な作業です。

組織再編と建設業許可のお手続については、千葉建設業許可申請サポートのページをご参照ください。

建設業許可の取得から競争入札参加資格審査申請まで完全サポート「千葉建設業許可申請サポート」

CTC行政書士法人千葉経営事項審査サポート

無料相談実施中です。まずはお気軽にお問い合わせください。

0120-56-4104(コール・シーティーシー)お問い合わせはこちらへ

経営事項審査の無料相談実施中
貴社の経審の内容を見直してみませんか?まずはお気軽にお問い合わせください!! 無料面談受付はこちら経営事項審査の無料相談実施中!
建設業許可申請についてはこちら
船橋千葉 千葉建設業許可申請サポート

事務所アクセス

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-23
船橋ケイウッドビル703
TEL:047-455-3997
FAX:047-455-3998
フリーダイヤル:0120-56-4104

最寄駅

  • JR船橋駅より下車 徒歩3分
  • 東武野田線船橋駅下車 徒歩3分
  • 京成船橋駅(西口改札)下車 徒歩5分

アクセスについて詳しくはこちら

Page Top

Page Top

0120564104

COPYRIGHT © 千葉経営事項審査サポート(CTC行政書士法人) ALL RIGHTS RESERVED.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
QLOOKアクセス解析